七五三の髪飾り

kamikazari16s
七五三の季節になってきました🍁
お子さんや親御さんの髪飾りをたくさん揃えておりますので、着物に合わせて選んでみて下さい🌸

Q:七五三をする時期は何月何日~何月何日まで?
A:10月か11月など都合の良い日にどうぞ。
いつからいつまでと決まっていません。11月15日にお祝いするのは、日の吉凶を占う方式の一つに二十八宿(にじゅうはっしゅく)というのがあり、その二十八宿のうちで最良の吉日とされたのが「鬼宿日(きじゅくにち)」であること。また霜月祭りの日(家業に関係深い神々を祭る日)などいろいろ説があるようです。最近は11月15日にこだわらず、10月から11月の休日など、ご家族が揃うのに都合の良い日に行われています。

Q:七五三でお参りする神社は自宅近くにすべき?
A:子供のことを考えると体力的にも無理がない範囲が無難です。
どうしても希望の神社でという場合、遠くまで出かけてもかまいませんが、基本的には近くの氏神様です。人気のある神社はかなり混むと言うことを頭に入れて置いて下さい。子供の体力に無理のない範囲で考えること。小さい子供ですのでなれない着物などかなり負担になりますので、その辺をよく考えてくださいね。

Q:早生まれの子は数え年か満年齢のどちらでお祝いすべき?
A:昔は数え年、現在は満年齢が一般的です。
昔は生まれた年を一歳として計算する「数え年」で行われていましたが、現在は生まれた翌年の誕生日を一歳とする「満年齢」で行われます。しかしどちらにもこだわらずにお祝いしても大丈夫です。